横断幕を製作し秘められる思い

私は高校生の時に、横断幕をクラスのみんなで作製したことがあります。それは高校生活最後の体育祭のために、みんなで手作りしました。もちろん、業者に頼むことも可能でしたし、一度は検討しました。しかし、お金がかかるという気持ちよりもまず先に、業者に頼んでしまうと心がこもってないような気がする。と、いう意見が多数だったため業者に頼むことはやめました。そして、クラス全員で協力して作ろうということになりました。もちろん製作中心メンバーがほぼ作りますが、全員が作るのに参加するということで、全員の手形を横断幕につけました。体育祭当日は、何人ものクラスメートが横断幕を精一杯ふりクラスを応援しました。体育祭終了後も教室に飾っていました。卒業時に担任の先生にプレゼントをしました。いま思うと、手作りして本当よかった、いい思い出だと、胸を張って言えます。


横断幕を作る製作会社に頼もう

お店をより目立たせることやお客さんに来店してもらうようにするもので、看板などは昔からあるのですが今は横断幕を利用するお店が増えていたりします。看板になってしまうとお店の置き場所に困るということがあり、壊れたり掃除をするのも面倒なところがあるそうなのです。そこで最近は場所もとらないことや汚れても洗濯ができる、横断幕をお店の看板代わりに使うことが増えているのです。この幕というのは製作会社に依頼するようになるのですが、文字や絵などが印刷できることや写真も幕に印刷することができるそうです。製作会社ではさまざまなお店の対応できるデザインを用意していますので、どんなお店でもイメージどおりの横断幕を作ってもらうことができるでしょう。お店の入り口付近や階段といったところや、ベランダや屋根の部分などにもつけれるのです。


横断幕は用途に応じてプロに製作してもらう

横断幕の製作は、何に使うのか、そしてどのようなところに貼るのかという点で、製作内容は違います。長期間貼り続けられるもの、短期間で季節により替えていかなければならないもの、食事処のイメージアップのために作られるもの、スポーツやその他、エールを送るために、その時だけで終了というものなど、それにより金額的なものや耐性へのこだわりなどの大小が異なってきます。デザインにおいてもそうです。どのようなイメージを作るかで、目的を果たせるかどうかも推測しなければなりません。私たちが自力で作り上げ、なかなか優れていると思っていても、本来の目的を果たし得るかどうかは、人心に問うものなので、解りづらく、とても不安になります。やはり実績のある専門店で、適したものを製作してもらうというのが、一番安心できる方法だと思います。